Home

miniturbo.org

公開しているアドオンのFirefox 3.6対応版をリリースしました

先ほど、公開している下記3つのアドオンのFirefox 3.6対応版をリリースいたしました。

既に以前のバージョンをお使いいただいている方はFirefoxのアドオンマネージャから更新を、新規にインストールされる方は上記リンクよりインストールをお願いいたします。(LDRカウンタについては、アドオンの更新通知の方法が変更になったため、新規インストールしてください)

要望、動作に関するおかしな点などありましたら各リンク先のコメントフォームまでお願いします。

nicoDownloaderのFirefox 3.5対応版を公開しました

本日、nicoDownloaderのFirefox3.5対応版を公開いたしました。

先日アップデートしたSBMカウンタと同じく、今回のアップデートにてFirefox3.5へ対応するとともに、Firefox2.x系の対応を終了しました。
また、サーバ移転の関係上アドオンの更新通知の方法が変更になったのも同じとなります。よって、現在お使いのnicoDownloaderへは更新通知が届きません。0.6以降のバージョンアップについては正常に更新通知が届きますので、お手数ですがこの機会に再度インストールしていただければと思います。

要望、動作に関するおかしな点などありましたらリンク先のコメントフォームまでお願いします。

SBMカウンタのFirefox 3.5対応版を公開しました

本日、配布している中でもっとも要望の多かったSBMカウンタのFirefox3.5対応版を公開いたしました!

今回のアップデートにて、Firefox3.5へ対応するとともに、Firefox2.x系の対応を終了しました(これについては、このアドオンを使用していて未だにFirefox2.x系を使用しているユーザが少ないと判断したため)。
また、先日の記事でもお伝えしたとおり、サーバ移転の関係上アドオンの更新通知の方法を変更いたしました。よって、現在お使いのSBMカウンタへは更新通知が届きません。0.4.3以降のバージョンアップについては正常に更新通知が届きますので、お手数ですがこの機会に再度インストールしていただければと思います。

その他の機能などについては特に修正しておりませんので、今まで通りお使いいただけると思います。
要望、動作に関するおかしな点などありましたらリンク先のコメントフォームまでお願いします。

SBMカウンタ等のFirefox 3.5対応について

本日Firefox 3.5がめでたくリリースされましたが、現在miniturbo.orgにて配布しているアドオンはまだ対応できておりません。
アドオン内で特に変わった実装は行っていないため、おそらくほぼ機能修正は行わずにリリースできるとは思うのですが、動作確認を行わなくてはならないため今週末から来週末にかけてのリリースになると思います。
また、先日サーバの移転を行った影響で、リリースされても更新通知が発生しないと思われます。大変申し訳ありませんが、来週リリース後に再度アドオンをインストールしていただければと思います。

無事対応が済みましたら、さらなる機能改善やオフィシャルのはてブアドオン連携などを実装しようかとも考えております。(SBMカウンタ)
こちらについても、追々お知らせしていきますのでよろしくお願いいたします。

Object.prototypeのconstructorプロパティ

constructorプロパティのことを知らなかったのでメモ。

function Hoge() {
    this.piyo = function() {
        console.log('(o e o)/');
    }
}

function Fuga() {
    this.piyo = function() {
        console.log('ピヨピヨ');
    }
}

var hoge = new Hoge();
var fuga = new hoge.constructor();

// (o e o)/
hoge.piyo();
fuga.piyo();

// Hogeオブジェクトの中身
console.log(hoge.constructor.toString());
console.log(fuga.constructor.toString());

// すべてtrue
console.log(hoge.constructor === Hoge);
console.log(hoge.constructor === Hoge.prototype.constructor);
console.log(fuga.constructor === Hoge);
console.log(fuga.constructor === Hoge.prototype.constructor);
console.log(hoge.constructor === fuga.constructor);

// constructorプロパティの上書き
fuga.constructor = Fuga;

var piyo= new fuga.constructor();

// ピヨピヨ
piyo.piyo();

// Fugaオブジェクトの中身
console.log(piyo.constructor.toString());

なるほど、constructorプロパティは上書きできてしまうのですね。

上記URLの内容は、constructorプロパティが実装されたことで、HTMLElement系のコンストラクタ関数を取得することができたってことなのかなー。。

参考にさせていただいたページ

ただいま準備中です

  • 2009-06-19 (金)
  • memo

現在ブログの投稿を整理中です。
今までの記事は右メニューにあるArchivesよりご覧いただけます。
また、FirefoxのAdd-On配布を復活させました。
ですが、引き続き対応が遅れると思われます。ごめんなさい。

Home

Search

Return to page top